FRP造形とは

※画像は樹脂メス型にFRP成型をしています。

FRPとは繊維強化プラスティックの略ですが、不飽和ポリエステル(液体)に硬化剤を混ぜガラス繊維に染み込ませて固めた物です。強度や重さもその加減で違ってきます。重ねれば当然強くなっていきます。

 

一般的には、ボート(小型船)や風力発電の羽根などもFRP製品です。

製品によりその技術は奥深く、真空状態にして樹脂を流し込む技法や、樹脂とガラスロービングを切断しながら混合して拭きつける道具もあります。

弊社では手作業によりローラーや刷毛でガラスウールと樹脂を積層していきます。

FRP造形の基本は 1、原型を作り 2、石膏等でその原型のメス型を作り 3、メス型から原型を外した後、メス型に離型処理をし 4、そこにFRP成型を施してゆきます。5、最後に着色をして完成になります。

 

 

耐候性は紫外線による劣化があるとされていますが、錆びや腐りも無く塗装皮膜のコーティングを重ねる事で長持ちだとも考えられます。だから5年や10年で悪くなる様な素材ではありません。価格的にもその時間を換算すればお値打ちなアイテムでしょう。

 FRP成型に欠かせない道具の一つに、脱泡ローラーと呼ばれる道具があります。

樹脂とガラス繊維を積層していく際に、気泡を抜き出す為の道具です。

平面用と曲面用と形状が異なり、製品の形状に合わせコロコロと転がして繊維同士を密着させて積層内部に残った気泡を抜いていきます。

この作業を怠ると、製品の仕上がりや製品の強度も損なわれる事になります。

 

 

作る形と数にもよりますが、原型もメス型も壊して最後のFRPの成型品の姿を見ることが出来ます。

※画像は石膏のメス型を壊してFRP成型品を取り出したところ

 

裏面に出た余分なガラスウールと樹脂を切断研磨し、正面の仕上がり部分もきれいに研磨します。

原型もメス型も離型処理も丁寧に仕上げないと出来上がったFRP成型品もきれいに仕上がりません。

プライマー下地処理をした後、着色及びクリアー仕上げとなります。


原型を作るときに型から抜けるように抜け勾配を考え、強度のある樹脂型(FRP)でメス型を作り、離型処理も上手くいけば同じ成型品を沢山作ることが出来ます。

 

もう一つの手法として、発砲スチロールを溶かさない下地を塗りこみ、直接FRP成型を上塗りしていく技法です。

メス型を制作する手間やコストは省けますが、ガラスウールの貼り込みによる重なり段差が表面に現れる事と、細かい起伏はラインが甘くなる為に不向きです。大きな造形や比較的作り易い形にはこの技法で対応出来ますが、全面にパテ処理及び研磨作業を繰り返す手間がいります。

※画像は全面にパテ処理+研磨を繰り返し満足そうに笑うネコです。

 

カブトムシにまたがり御満悦で記念撮影!

オリジナル商品 FRP製カブトムシ・クワガタ

 

状態にもよりますが、経年劣化のFRP製品も手を加えることで修復も可能です。

※画像は経年劣化したオブジェをFRPで修復しているところ

 

画像はロブスター・・・ (店主は伊勢海老って・・・)

FRPで修復し着色仕上げしたところ、見違えてしまいます。

 

 FRP造形のデメリットは、作業時の臭いやガラスウールのチクチク感(細かい繊維が体に刺さる)を嫌がる人も居ます。しかし、手間は掛かりますが出来上がった造形美を見るとやっていて良かった、そう感じます。

形を作る中で色んな素材がありますが、耐候性や軽量で強度もあり自由なラインや大きさが演出出来る素材は今のところ他には数ありません。

そして、その中にある技術や知識や感覚を伝え合っていく事も我々の仕事だと感じています。

設計士さん・デザイナーさん・一般の方も、弊社で協力出来ることがあればご相談下さい。